引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1451736049/

074162

1: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:00:49 ID:FoE
俺はリアルだなぁ

6: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:09:20 ID:m4z
2ちゃんの怖い話っていうか、洒落怖に投稿された怖い話だろそれ

18: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:28:59 ID:FoE
>>6
すまんそうだった、ま、洒落板も2chの板じゃん?ノーカンでおなシャス!

8: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:10:48 ID:cnc
「友人の性癖が理解できない」ってスレ
あれ釣りってことで終わってたけど、どうしても納得がいかない

27: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:32:05 ID:FoE
>>8
確かに釣り系も納得いかないのはいっぱいあるよな

11: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:13:35 ID:YpW
夜中に家の屋上で双眼鏡使って街を見てたら白い子供みたいなのが向かって来るのが見えたとかいうやつ

13: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:15:09 ID:cnc
>>11
これか


漏れにはちょっと変な趣味があった。
その趣味って言うのが、夜中になると家の屋上に出てそこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察すること。
いつもとは違う、静まり返った街を観察するのが楽しい。
遠くに見えるおおきな給水タンクとか、
酔っ払いを乗せて坂道を登っていくタクシーとか、
ぽつんと佇むまぶしい自動販売機なんかを見ていると妙にワクワクしてくる。
漏れの家の西側には長い坂道があって、それがまっすぐ漏れの家の方に向って下ってくる。
だから屋上から西側に目をやれば、その坂道の全体を正面から視界に納めることができるようになってるわけね。
その坂道の脇に設置されてる自動販売機を双眼鏡で見ながら「あ、大きな蛾が飛んでるな~」なんて思っていたら、
坂道の一番上のほうから物凄い勢いで下ってくる奴がいた。
「なんだ?」と思って双眼鏡で見てみたら全裸でガリガリに痩せた子供みたいな奴が、
満面の笑みを浮かべながらこっちに手を振りつつ、猛スピードで走ってくる。
奴はあきらかにこっちの存在に気付いているし、漏れと目も合いっぱなし。
ちょっとの間、あっけに取られて呆然と眺めていたけど、
なんだか凄くヤバイことになりそうな気がして、急いで階段を下りて家の中に逃げ込んだ
ドアを閉めて、鍵をかけて「うわーどうしようどうしよう、なんだよあれ!!」って怯えていたら、
ズダダダダダダッって屋上への階段を上る音が。明らかに漏れを探してる。
「凄いやばいことになっちゃったよ、どうしよう、まじで、なんだよあれ」って心の中でつぶやきながら、
声を潜めて物音を立てないように、リビングの真中でアイロン(武器)を両手で握って構えてた。
しばらくしたら、今度は階段をズダダダダッって下りる音。
もう、バカになりそうなくらいガタガタ震えていたら、
ドアをダンダンダンダンダンダン!!って叩いて、チャイムをピンポンピンポン!ピポポン!ピポン!!と鳴らしてくる。 「ウッ、ンーッ!ウッ、ンーッ!」って感じで、奴のうめき声も聴こえる。
心臓が一瞬とまって、物凄い勢い脈打ち始めた。
さらにガクガク震えながら息を潜めていると、
数十秒くらいでノックもチャイムもうめき声止んで、元の静かな状態に……。
それでも当然、緊張が解けるわけがなく、日が昇るまでアイロンを構えて硬直していた。
あいつはいったい何者だったんだ。
もう二度と夜中に双眼鏡なんか覗かない。

17: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:28:32 ID:YpW
>>13
これこれ
想像しながら読んでたから鳥肌立ったわ

20: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:29:59 ID:FoE
>>13
あぁこれも夜中に見てクッソ鳥肌立った記憶がある

16: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:27:51 ID:79q
人生終わった系でも怖いのあるよな
課金しすぎたとか

22: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:30:51 ID:hcr
うひゃひゃは?

25: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:31:29 ID:FoE
>>22
なんかお金隠して見つかって気狂ったやつだっけ?

28: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:32:11 ID:m4z
おしっこ撒き散らして悪い奴退散させるやつ

33: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:33:33 ID:FoE
>>28
何それkwsk

41: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:38:48 ID:ozn
ヤマノケがとか巨頭オとか山にまつわるやつ好き

48: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:40:05 ID:YpW
>>41
ヤマノケって女の子の中に何かが入り込んだやつだっけか

53: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:41:29 ID:ozn
>>48
ドライブで遭遇してハイレタハイレタってやつな

56: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:42:26 ID:YpW
>>53
それそれ
ヤマノケもなかなかゾクゾクしたなぁ

42: 邪視 2016/01/02(土)21:38:52 ID:m4z
696 その1 sage 2008/01/17(木) 21:36:23 ID:U3a23e/90
これは俺が14歳の時の話だ。冬休みに、N県にある叔父(と言ってもまだ当時30代)の別荘に遊びに行く事になった。
本当は彼女と行きたかったらしいが、最近別れたので俺を誘ったらしい。
小さい頃から仲良くしてもらっていたので、俺は喜んで遊びに行く事になった。
叔父も俺と同じ街に住んでおり、早朝に叔父が家まで車で迎えに来てくれて、そのまま車で出発した。
叔父は中々お洒落な人で、昔から色んな遊びやアウトドア、音楽、等等教えてもらっており、尊敬していた。
車で片道8時間はかかる長旅だったが、車内で話をしたり音楽を聞いたり、途中で休憩がてら寄り道したり、本当に楽しかった。

やがて目的地近辺に到着し、スーパーで夕食の食材を買った。そして、かなりの山道を登り、別荘へ。
それほど大きくはないが、木造ロッジのお洒落な隠れ家的な印象だった。
少し下がった土地の所に、2~3他の別荘が見える。人は来ていない様子だった。
夕食は庭でバーベキューだった。普通に安い肉だったが、やっぱり炭火で焼くと美味く感じる。
ホルモンとか魚介類・野菜も焼き、ホントにたらふく食べた。白飯も飯盒で炊き、最高の夕食だった。

食後は、暖炉のある部屋に行き、TVを見たりプレステ・スーファミ・ファミコンで遊んだり。
裏ビデオなんかも見せてもらって、当時童貞だったので衝撃を受けたもんだった。
深夜になると、怖い話でも盛り上がった。叔父はこういう方面も得意で、本当に怖かった。機会があればその話も書きたいが…
ふと、叔父が思い出した様に「裏山には絶対に入るなよ」と呟いた。
何でも、地元の人でも滅多に入らないらしい。マツタケとか取れるらしいが。
関係ないかもしれないが、近くの別荘の社長も、昔、裏山で首吊ってる、と言った。
いや、そんな気味悪い事聞いたら絶対入らないし、とその時は思った。
そんなこんなで、早朝の5時ごろまで遊び倒して、やっとそれぞれ寝ることになった。

47: 邪視 2016/01/02(土)21:39:36 ID:m4z
697 その2 sage 2008/01/17(木) 21:37:46 ID:U3a23e/90
部屋に差し込む日光で目が覚めた。時刻はもう12時を回っている。喉の渇きを覚え、1階に水を飲みに行く。
途中で叔父の部屋を覗くと、イビキをかいてまだ寝ている。寒いが、本当に気持ちの良い朝だ。
やはり山の空気は都会と全然違う。自分の部屋に戻り、ベランダに出て、椅子に座る。
景色は、丁度裏山に面していた。別になんて事はない普通の山に見えた。
ふと、部屋の中に望遠鏡がある事を思い出した。自然の景色が見たくなり、望遠鏡をベランダに持ってくる。
高性能で高い物だけあって、ホントに遠くの景色でも綺麗に見える。
町ははるか遠くに見えるが、周囲の山は木に留ってる鳥まで見えて感動した。
30分くらい夢中で覗いていただろうか?丁度裏山の木々を見ている時、視界に動くものが入った。

人?の様に見えた。背中が見える。頭はツルツルだ。しきりに全身を揺らしている。地元の人?踊り?
手には鎌を持っている。だが異様なのは、この真冬なのに真っ裸と言う事。そういう祭り?だが、1人しかいない。
思考が混乱して、様々な事が頭に浮かんだ。背中をこちらに向けているので、顔は見えない。
その動きを見て、何故か山海塾を思い出した。

「これ以上見てはいけない」

と本能的にそう感じた。人間だろうけど、ちょっとオカシな人だろう。気持ち悪い。
だが、好奇心が勝ってしまった。望遠鏡のズームを最大にする。ツルツルの後頭部。色が白い。
ゾクッ、としたその時、ソイツが踊りながらゆっくりと振り向いた。
恐らくは、人間と思える顔の造形はしていた。鼻も口もある。ただ、眉毛がなく、目が眉間の所に1つだけついている。縦に。
体が震えた。1つ目。奇形のアブナイ人。ソイツと、望遠鏡のレンズ越しに目が合った。口を歪ませている。笑っている。

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

目が合った瞬間、叫んでいた。涙が止まらない。とにかく、死にたい。異常なまでの鬱の様な感情が襲ってきた。
死にたい死にたい…半狂乱で部屋を駆け回っていると、叔父が飛び込んで来た。

49: 邪視 2016/01/02(土)21:40:21 ID:m4z
698 その3 sage 2008/01/17(木) 21:39:21 ID:U3a23e/90
「どうした!?」
「バケモン!!」
「は?」
「望遠鏡!!裏山!!」

叔父が望遠鏡を覗きこむ。

「~~~~~~ッ」

声にならない唸りを上げ、頭を抱え込む。鼻水を垂らしながら泣いている。
さっきよりは、少し気持ちの落ち着いた俺が聞いた。

「アレ何だよ!!」
「00子~ 00子~」

別れた彼女の名前を叫びながら、泣きじゃくる叔父。
流石にヤバイと思い、生まれて初めて平手で思いっきり、人の顔をはたいた。
体を小刻みに揺らす叔父。10秒、20秒…叔父が俺を見つめてきた。

「邪視」
「じゃし?」
「いいか、俺の部屋の机の引き出しに、サングラスがあるから持ってこい。お前の分も」
「なんで(ry」
「いいから持ってこい!!」

俺は言われるままに、サングラスを叔父に渡した。震える手で叔父はサングラスをかけ、望遠鏡を覗く。しばらく、望遠鏡を動かしている。
「ウッ」と呻き、俺に手招きをする。「グラサンかけて見てみろ」。恐る恐る、サングラスをかけ、覗き込む。
グラサン越しにぼやけてはいるが、木々の中のソイツと目が合った。言い様の無い不安がまた襲ってきたが、さっきほどでは無い。
だが心臓の鼓動が異常に早い。と言うか、さっきの場所では無い…ソイツはふにゃふにゃと奇妙な踊り?をしながら動いている。
目線だけはしっかりこちらに向けたまま…山を降りている!?まさかこっちに来ている…!?

51: 邪視 2016/01/02(土)21:41:05 ID:m4z
699 その4 sage 2008/01/17(木) 21:40:47 ID:U3a23e/90
「00、お前しょんべん出るか?」
「は?こんな時に何を…」
「出るなら、食堂に空きのペットボトルあるから、それにしょんべん入れて来い」

そう言うと、叔父は1階に降りていった。こんな時に出るわけないので、呆然としていたら
数分後、叔父がペットボトルに黄色のしょんべんを入れて戻ってきた。

「したくなったら、これに入れろ」

と言い、叔父がもう1つの空のペットボトルを俺に差し出した。

「いや、だからアイツ何?」
「山の物…山子…分からん。ただ、俺がガキの頃、よく親父と山にキャンプとか行ってたが、
 あぁ、あそこの裏山じゃないぞ?山は色んな奇妙な事が起こるからな…
 夜でも、テントの外で人の話し声がするが、誰もいない。そんな時に、しょんべんとか
 撒いたら、不思議にピタッと止んだもんさ…」

そう言うと叔父は、もう一度望遠鏡を覗き込んだ。「グウッ」と苦しそうに呻きながらも、アイツを観察している様子だ。

「アイツな。時速何Kmか知らんが、本当にゆっくりゆっくり移動している。途中で見えなくなったが…
 間違いなく、このロッジに向かってるんじゃないのか」
「じゃあ、早く車で戻ろうよ」
「多分、無駄だ…アイツの興味を俺たちから逸らさない限りは…多分どこまでも追ってくる。
 これは一種の呪いだ。邪悪な視線、と書いて邪視と読むんだが…」
「さっき言ってたヤツか…でも何でそんなに詳しいの?」
「俺が仕事で北欧のある街に一時滞在してた時…イヤ、俺らが助かったら話そう」
「助かったらって…アイツが来るまでここにいるの?」
「いいや、迎え撃つんだよ」

54: 邪視 2016/01/02(土)21:41:50 ID:m4z
700 その5 sage 2008/01/17(木) 21:41:44 ID:U3a23e/90
俺は絶対にここに篭っていた方が良いと思ったが、叔父の意見は
ロッジに来られる前に、どうにかした方が良い、と言う物だった。
あんな恐ろしいヤツの所にいくなら、よっぽど逃げた方がマシだと思ったが、
叔父さんは昔からいつだって頼りになる人だった。俺は叔父を尊敬しているし、従う事に決めた。
それぞれ、グラサン・ペットボトル・軽目の食料が入ったリュック・手持ちの双眼鏡・木製のバット・懐中電灯等を
持って、裏山に入っていった。暗くなる前にどうにかしたい、と言う叔父の考えだった。
果たしてアイツの視線に耐えられるのか?望遠鏡越しではなく、グラサンがあるとはいえ、
間近でアイツに耐えられるのか?様々な不安が頭の中を駆け巡った。
裏山と言っても、結構広大だ。双眼鏡を駆使しながら、アイツを探しまわった。
叔父いわく、アイツは俺らを目標に移動しているはずだから、いつか鉢合わせになると言う考えだ。
あまり深入りして日が暮れるのは危険なので、ロッジから500mほど進んだ、やや開けた場所で待ち伏せする事になった。

「興味さえ逸らせば良いんだよ。興味さえ…」
「どうやって?」
「俺の考えでは、まずどうしてもアイツに近づかなければならない。だが直視は絶対にするな。
 斜めに見ろ。言ってる事分かるな?目線を外し、視線の外で場所を捉えろ。
 そして、溜めたしょんべんをぶっかける。それでもダメなら…
 良いか?真面目な話だぞ?俺らのチンコを見せる」
「はぁ?」
「邪視ってのはな、不浄な物を嫌うんだよ。糞尿だったり、性器だったり…
 だから、殺せはしないが、それでアイツを逃げされる事が出来たのなら、俺らは助かると思う」
「…それでもダメなら?」
「…逃げるしかない。とっとと車で」

俺と叔父さんは、言い様のない恐怖と不安の中、ジッと岩に座って待っていた。
交代で双眼鏡を見ながら。時刻は4時を回っていた。

58: 邪視 2016/01/02(土)21:42:43 ID:m4z
701 その6 sage 2008/01/17(木) 21:44:14 ID:U3a23e/90
「兄ちゃん、起きろ」

俺が10歳の時に事故で亡くなった、1歳下の弟の声が聞こえる。

「兄ちゃん、起きろ。学校遅刻するぞ」

うるさい。あと3分寝かせろ。

「兄ちゃん、起きないと 死  ん  じ  ゃ  う  ぞ  !  !」

ハッ、とした。寝てた??あり得ない、あの恐怖と緊張感の中で。眠らされた??
横の叔父を見る。寝ている。急いで起こす。叔父、飛び起きる。
腕時計を見る、5時半。辺りはほとんど闇になりかけている。冷汗が流れる。

「00、聴こえるか?」
「え?」
「声…歌?」

神経を集中させて耳をすますと、右前方数m?の茂みから、声が聞こえる。
だんだんこっちに近づいて来る。民謡の様な歌い回し、何言ってるかは分からないが不気味で高い声。
恐怖感で頭がどうにかなりそうだった。声を聞いただけで世の中の、何もかもが嫌になってくる。

「いいか!足元だけを照らせ!!」

叔父が叫び、俺はヤツが出てこようとする、茂みの下方を懐中電灯で照らした。
足が見えた。毛一つ無く、異様に白い。体全体をくねらせながら、近づいてくる。
その歌のなんと不気味な事!!一瞬、思考が途切れた。

59: 邪視 2016/01/02(土)21:43:28 ID:m4z
702 その7 sage 2008/01/17(木) 21:45:39 ID:U3a23e/90
「あぁぁっ!!」
「ひっ!!」

ヤツが腰を落とし、四つんばいになり、足を照らす懐中電灯の明かりの位置に、顔を持ってきた。直視してしまった。
昼間と同じ感情が襲ってきた。死にたい死にたい死にたい!こんな顔を見るくらいなら、死んだ方がマシ!!
叔父もペットボトルをひっくり返し、号泣している。落ちたライトがヤツの体を照らす。
意味の分からないおぞましい歌を歌いながら、
四つんばいで、生まれたての子馬の様な動きで近づいてくる。右手には錆びた鎌。
よっぽど舌でも噛んで死のうか、と思ったその時、

「プルルルルッ」

叔父の携帯が鳴った。号泣していた叔父は、何故か放心状態の様になり、ダウンのポケットから携帯を取り出し、見る。
こんな時に何してんだ…もうすぐ死ぬのに…と思い、薄闇の中、呆然と叔父を見つめていた。
まだ携帯は鳴っている。プルルッ。叔父は携帯を見つめたまま。ヤツが俺の方に来た。恐怖で失禁していた。死ぬ。
その時、叔父が凄まじい咆哮をあげて、地面に落ちた懐中電灯を取り上げ、
素早く俺の元にかけより、俺のペットボトルを手に取った。

「こっちを見るなよ!!ヤツの顔を照らすから目を瞑れ!!」

俺は夢中で地面を転がり、グラサンもずり落ち、頭をかかえて目をつぶった。
ここからは後で叔父に聞いた話。まずヤツの顔を照らし、視線の外で位置を見る。
少々汚い話だが、俺のペットボトルに口をつけ、しょんべんを口に含み、
ライトでヤツの顔を照らしたまま、しゃがんでヤツの顔にしょんべんを吹きかける瞬間、目を瞑る。霧の様に吹く。
ヤツの馬の嘶きの様な悲鳴が聞こえた。さらに口に含み、吹く。吹く。ヤツの目に。目に。

60: 邪視 2016/01/02(土)21:43:55 ID:m4z
703 その8 sage 2008/01/17(木) 21:46:49 ID:U3a23e/90
さっきのとはまた一段と高い、ヤツの悲鳴が聞こえる。だが、まだそこにいる!!
焦った叔父は、ズボンも下着も脱ぎ、自分の股間をライトで照らしたらしい。
恐らく、ヤツはそれを見たのだろう。言葉は分からないが、凄まじい呪詛の様な恨みの言葉を吐き、くるっと背中を向けたのだ。
俺は、そこから顔を上げていた。叔父のライトがヤツの背中を照らす。
何が恐ろしかったかと言うと、ヤツは退散する時までも、不気味な歌を歌い、体をくねらせ、ゆっくりゆっくりと移動していた!!
それこそ杖をついた、高齢の老人の歩行速度の如く!!
俺たちは、ヤツが見えなくなるまでじっとライトで背中を照らし、見つめていた。いつ振り返るか分からない恐怖に耐えながら…
永遠とも思える苦痛と恐怖の時間が過ぎ、やがてヤツの姿は闇に消えた。

俺たちはロッジに戻るまで何も会話を交わさず、黙々と歩いた。
中に入ると、叔父は全てのドアの戸締りを確認し、コーヒーを入れた。飲みながら、やっと口を開く。

「あれで叔父さんの言う、興味はそれた、って事?」
「うぅん…恐らくな。さすがに、チンコは惨めなほど縮み上がってたけどな」

苦笑する叔父。やがて、ぽつりぽつりと、邪視の事について語り始めてくれた…

61: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:44:22 ID:ozn

63: 邪視 2016/01/02(土)21:44:41 ID:m4z
704 その9 sage 2008/01/17(木) 21:47:33 ID:U3a23e/90
叔父は、仕事柄、船で海外に行く事が多い。詳しい事は言えないが、いわゆる技術士だ。
叔父が北欧のとある街に滞在していた、ある日の事。現地で仲良くなった、通訳も出来る技術仲間の男が、
面白い物を見せてくれると言う。叔父は人気の無い路地に連れて行かれた。ストリップとかの類かな、と思っていると、
路地裏の薄汚い、小さな家に通された。叔父は中に入って驚いた。
外見はみすぼらしいが、家の中はまるで違った。一目で高級品と分かる絨毯。壺。貴金属の類…香の良い香りも漂っている。
わけが分からないまま、叔父が目を奪われていると、奥の小部屋に通された。
そこには、蝋燭が灯る中、見た目は60代くらいの男が座っていた。ただ異様なのは、夜で家の中なのにサングラスをかけていた。
現地の男によれば「邪視」の持ち主だと言う。

邪視(じゃし)とは、世界の広範囲に分布する民間伝承、迷信の一つで、
悪意を持って相手を睨みつける事によって、対象となった被害者に呪いを掛ける事が出来るという。
イビルアイ(evil eye)、邪眼(じゃがん)、魔眼(まがん)とも言われる。
邪視の力によっては、人が病気になり衰弱していき、ついには死に至る事さえあるという。

叔父は、からかい半分で説明を聞いていた。この男も、そういう奇術・手品師の類であろうと。
座っていた男が、現地の男に耳打ちした。男曰く、信じていない様子だから、少しだけ力を体験させてあげよう、と。
叔父は、これも一興、と思い、承諾した。また男が現地の男に耳打ちする。男曰く、

「今から貴方を縛りあげる。誤解しないでもらいたいのは、それだけ私の力が強いからである。
 貴方は暴れ回るだろう。私は、ほんの一瞬だけ、私の目で貴方の目を見つめる。やる事は、ただそれだけだ」

65: 邪視 2016/01/02(土)21:45:12 ID:m4z
705 その10 sage 2008/01/17(木) 21:48:34 ID:U3a23e/90
叔父は、恐らく何か目に恐ろしげな細工でもしているのだろう、と思ったという。
本当に目が醜く潰れているのかもしれないし、カラーコンタクトかもしれない。
もしくは、香に何か幻惑剤の様な効果が…と。縛られるのは抵抗があったが、
友人の現地の男も、本当に信頼出来る人物だったので、応じた。
椅子に縛られた叔父に、男が近づく。友人は後ろを向いている。
静かに、サングラスを外す。叔父を見下ろす。

「ホントにな、今日のアイツを見た時の様になったんだ」

コーヒーをテーブルに置いて、叔父は呟いた。

「見た瞬間、死にたくなるんだよ。瞳はなんてことない普通の瞳なのにな。
 とにかく、世の中の全てが嫌になる。見つめられたのはほんの、1~2秒だったけどな。
 何かの暗示とか、催眠とか、そういうレベルの話じゃないと思う」

友人が言うには、その邪視の男は、金さえ積まれれば殺しもやるという。
現地のマフィア達の抗争にも利用されている、とも聞いた。
叔父が帰国する事になった1週間ほど前、邪視の男が死んだ、という。
所属する組織のメンツを潰して仕事をしたとかで、抹殺されたのだという。
男は娼婦小屋で椅子に縛りつけれれて死んでいた。床には糞尿がバラ巻かれていたと言う。
男は、凄まじい力で縄を引きちぎり、自分の両眼球をくり抜いて死んでいたという。

66: 邪視 2016/01/02(土)21:45:37 ID:m4z
706 その11、終わり sage 2008/01/17(木) 21:49:23 ID:U3a23e/90
「さっきも言った様に、邪視は不浄な物を嫌う。汚物にまみれながら、ストリップか性行為でも見せられたのかね」

俺は、一言も発する気力もなく、話を聞いていた。さっきの化け物も、邪視の持ち主だっという事だろうか。
俺の考えを読み取ったかのように、叔父は続けた。

「アイツが本当に化け物だったのか、ああいう風に育てられた人間なのかは分からない。
 ただ、アイツは逃げるだけじゃダメな気がしてな…だから死ぬ気で立ち向かった。
 カッパも、人間の唾が嫌いとか言うじゃないか。案外、お経やお守りなんかよりも、
 人間の体の方がああいうモノに有効なのかもしれないな」

俺は、話を聞きながら弟の夢の事を思い出して、話した。弟が助けてくれたんじゃないだろうか…と。
俺は泣いていた。叔父は神妙に聞き、1分くらい無言のまま、やがて口を開いた。

「そういう事もあるかもしれないな…00はお前よりしっかりしてたしな。
 俺の鳴った携帯の事、覚えてるか?あれな、別れた彼女からなんだよ。
 でもな、この山の周辺で、携帯通じるわけねぇんだよ。見ろよ。今、アンテナ一本も立ってないだろ?
 だから、そういう事もあるのかも知れないな…今すぐ、山下りて帰ろう。
 このロッジも売るわ。早く彼女にも電話したいしな」

叔父は照れくさそうに笑うと、コーヒーを飲み干し立ち上がった。

68: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:45:52 ID:iP1
2ch恐怖小説全集とかそのうち出るんやろうか

71: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:47:39 ID:S3f
>>68
それで問題になったぞ昔

72: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:48:17 ID:bZ3
>>71
ビデオの2ちゃんねるの呪いとかはガシガシ売られてるけどな

76: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:49:16 ID:ozn
>>72
一回レンタルしたが読んだ方が数倍面白かったわ映像化ってやっぱ大変なんだなと思ったわ

69: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:46:07 ID:m4z
長すぎた
普通にリンク貼ればよかった

70: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:47:27 ID:YpW
>>69
おつかれ
邪視は長いよな

77: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:49:25 ID:FoE
>>69
お疲れ、おしっことか聞いた瞬間怖くなくね?ってちょっと思ってたけどなかなか怖かった、ありがとう

74: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:49:05 ID:cnc
死体を沈めるバイトをすることになったって奴も面白かったな

75: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:49:11 ID:cSY
個人的にこの書き込みに一番恐怖した

125 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 11:02:18 ID:cF6O2tpiO
2、3年前だけど抜け道になってるトンネルみたいなとこに

あまやどり きょうもだれかの くびをかる
っていう落書きの下に微笑んでるマネキンの首があってちびりそうになった
今はなんか黒塗りされてた

78: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:49:30 ID:m4z
邪視を女の子バージョンにして映像化すれば売れるぞぉ

89: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:51:59 ID:S3f
456 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 2008/04/27(日) 04:44:44 ID:O7kzZ8gX0
じわ怖といえば最近の俺のカーチャンだなw
なんかさー、最近夜中に外に出るんだよ。パジャマ姿で。
この間寝つけなかった時、玄関の鍵の音がしたんだよ。がちゃって。
それで気になって窓から玄関の方を見下ろしたら、カーチャンだったんだよ。
んで、キョロキョロ辺り見まわして公園の方に向かっていったんだよ。
それから時意識して見るようにしてたんだけど、決まって土曜の夜中みたいだ。
今日も出かけてったよ。一時間前に。
でも、そん時にまた窓から見てたらカーチャンと目があったっぽいんだよね…。怖ええw
まだ帰ってきてないけど、帰ってきたら、っつーか明日なんか言われんのかな
とか思ったらどうにも眠れんorz

96: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:52:51 ID:ozn
>>89
これも好きだわ

98: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:53:14 ID:FoE
>>89
そういうのって釣りだとしても上手いよなぁ

101: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:54:09 ID:ozn
>>98
釣りだろうな気付かせるという発想が好きだわ

108: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:55:17 ID:PIz
>>89これどーゆーこと?

111: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:55:42 ID:kll
>>108
母親がやばいことしてるって設定で、息子の代わりにレスしてる

99: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:53:25 ID:S3f
蓋はリアルタイムだとすごく楽しかった

100: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:54:04 ID:FoE
蓋はオチがなぁ

102: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:54:16 ID:cnc
母親殺してきたってのもあったな あれってマジだったのかな

103: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:54:43 ID:kll
>>102
まじ

104: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:54:50 ID:S3f
>>102
一応その後ニュースで流れたって話だし信憑性はある

109: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:55:19 ID:FoE
>>102
ニュースとかになって一時期騒がれてた気が

110: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:55:35 ID:ozn
泡姫みたことないがあれも事件なってないっけ?

114: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:57:03 ID:FoE
>>110
泡姫って風俗嬢的なのがなんか殺される奴だっけ?

120: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:58:13 ID:ozn
>>114
なんか長すぎてよんでないがその後に新聞にのったとかなんとか

113: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:56:46 ID:S3f
知名度だときさらぎ駅が一番かね
あとはくねくねとか

116: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:57:29 ID:ozn
>>113
きさらぎはほんとパクられ率すげぇよな

122: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:58:29 ID:S3f
>>116
実況しやすいし嘘かどうかわかりにくいからじゃね?
まあどこまで本当なのかわからんが

130: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:01:14 ID:FoE
>>122
確かにきさらぎは妄想が捗るし、駅ってゆう身近な物だし、1人目の人の書き方がうまかったからなぁ

126: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)21:59:30 ID:kll
正直角川ホラー文庫よりも洒落怖の方が強いと俺は思ってる
外れても0円、読みやすいってポイントが高評価

128: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:00:41 ID:S3f
>>126
最近の洒落怖はどうにも盛り上がりに欠ける
というかオカ板自体どうも殺伐としていて板自体が別の意味で怖いわ

129: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:01:12 ID:eah
駅の盛り塩崩した奴がマジで変死したのは驚いた

135: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:02:02 ID:FoE
>>129
なんかプールで変死したんだよな

138: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:02:28 ID:ozn
>>129
あったなぁ
あと高速で運よく事故回避したけどその後、結局しんだのもあったなぁ

140: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:03:15 ID:FoE
>>138
なにそれkwsk

153: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:06:10 ID:ozn
>>140
なんか雪だかなんかで行けなくて崩落事故だか回避したんだけど結局みたいな

157: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:07:27 ID:FoE
>>153
サンクス今度探してみる

163: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:08:17 ID:ozn
>>157
探したがみつからないなぁ バイパスがどうたらあったような気がする

134: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:02:01 ID:eah
ゲラゲラ異世界とか面白かったな。
何かロマンを感じた。

136: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:02:23 ID:kll
一番面白いなら、間違いなく異世界の「ゲラゲラ」の話
すべての創作の中でも近年稀に見る面白さ

141: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:03:40 ID:bZ3
きさらぎ駅は有名だけどゲラゲラはそれほど知名度無いよね

143: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:04:19 ID:kll
>>141
でも異世界系の亜種はかなりの数あるよ
きさらぎ駅とトントンくらいじゃない?

152: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:06:09 ID:bZ3
>>143
何がトントンなのかよー分からん

160: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:07:38 ID:cnc
バスの話覚えてる人いないかな
意味不明な書き込みがあって、書き込まれた当時は相手にされなかったんだけど
3年くらい後に友人らしきが現れて、詳細を語ってくってやつ
文章力なくてスマソ

162: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:07:58 ID:S3f
>>160
分かる、持ってこようか?

164: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:08:29 ID:cnc
>>162
おお、頼む

165: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:08:33 ID:kll
>>162
2視点あるんよね

167: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:09:35 ID:FoE
>>162
俺も見たい
お願い

171: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:09:58 ID:S3f
バスの話
まとめブログで悪いが
http://nazolog.com/blog-entry-1621.html

183: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:12:14 ID:cnc
>>171
ああそれだ、ありがとう
3年越しってのがすごいよな

179: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:11:32 ID:m4z
リョウメンスクナとコトリバコは信じたくなる何かがあるわ

190: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:14:43 ID:YpW
>>179
分かる
しかもコトリバコっぽいのが見つかったみたいなレスがあったのをまとめか何かで読んだんだよな

180: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:11:45 ID:FoE
これは次って書いてる奴と続いてる奴?

185: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:12:23 ID:S3f
>>180
バスのやつ?
それならそう
次のやつがある意味解説みたいになってる

191: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:14:49 ID:FoE
俺カスだから関連性がよくわかんなかった
バスの奴の解説頼む

194: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:17:02 ID:S3f
>>191
通学バスの老婦人を書いているやつの友人が
全く意味がわかりませんのレスをしているやつかもしれないって話

199: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:18:11 ID:FoE
>>194
ありがと、そういうことだったのか

192: 【1787円】 2016/01/02(土)22:15:58 ID:Rwr
バスの奴は事故って頭に障害負った奴が意味不明な書き込みしたみたいな感じじゃね?
意味わからんけど、好意的に訳したら事故現場の事を言ってるみたいな感じ

202: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:19:24 ID:S3f
後の有名どころは禁后、リゾートバイト、ひとりかくれんぼとかかね
もう既出ならすまんが

204: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:20:18 ID:ozn
>>202
危険な好奇心

210: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:21:25 ID:S3f
>>204
ああそれもあったか
あとは自己責任系の猿夢とかか
調べたいやつは調べてもいいけど後悔するなよ?

214: 【1万1240円】 2016/01/02(土)22:21:48 ID:Rwr
地下の丸穴も気持ち悪かった

219: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:24:01 ID:ozn
>>214
丸穴も面白かったわ
ヴォイニッチだっけ?あれと異世界繋げてるいまの流れも好きだわ

225: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:25:28 ID:FoE
>>219
俺もヴィオニッチは好き、妄想が捗るし

218: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:23:48 ID:S3f
そういや最近異世界に行く方法試してたやついたな
飽きたとかやってたが結局行けずじまいで終わってた

220: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:24:10 ID:FoE
異世界ってあの世でしょ?多分

227: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:26:08 ID:ozn
>>220
あの世ってか魂は結局一つでみんなに割り当てられて元の一つにシミュレーション例(各世界)をアップロードしてる論が好き

222: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:24:45 ID:YpW
異世界ってエレベーター使うやつだっけか

229: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:26:26 ID:S3f
>>222
色々ある
エレベーターのやつが一番有名だが
「飽きた」と六芒星を書いた紙に書いて枕の下に置く奴とかもある

231: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:27:06 ID:ozn
>>229
明晰夢ルートとかもあったな

232: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:27:08 ID:YpW
>>229
そうなのか
その方法は知らなかったわ

224: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:25:22 ID:3r8
異世界の釣りのやつはリアルタイムだったし結構面白かったわ

226: 【107円】 2016/01/02(土)22:26:02 ID:Rwr
ヴォイニッチは厨二のロマンが詰まってて好きだわ

257: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:35:31 ID:cnc
訳ありげな一軒家を譲りたがってる人も怖かった
今あそこは誰か住んでるのかな

261: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:36:32 ID:ozn
>>257
裏手が山のやつかおーぷんで特定しようというスレあったよ

266: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:38:18 ID:cnc
>>261
マジか そのスレで特定できたの?

270: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:39:38 ID:ozn
>>266
結局グタグダになったよ一人は凸してくれたがな

273: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:40:57 ID:cnc
>>270
でも凸までできたんだ、すげえ
今度そのスレ探してみるわ

279: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:42:34 ID:ozn
>>273
違う場所凸しちゃったんだが変な写真になってたよ

259: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:36:04 ID:kll
ネットの怖い話しならグリコ森永事件の話
が、2ちゃんねるではない、はがゆい

264: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:37:55 ID:FmV
15年位前のスレで幽霊マンションに住んでますとか
自殺物件にスレの皆で住むとか
妙にリアルだった

311: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:51:29 ID:YpW
心霊凸と言えば前におーぷんで廃墟かなんかに凸するってスレでブラウザとmateのレス番がズレまくる現象起きた時あったな

313: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:53:31 ID:FoE
てか泡姫って結局どうなったの?

317: 【豚丼】 2016/01/02(土)22:57:15 ID:Tsk
>>313
実際に死んだソープ嬢がいて、ネットニュースが張られてた気がする

314: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:55:21 ID:mST
リーマンショックの時の市況スレはすごかったぞ

心の悲鳴が本当に聞こえた

318: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:58:06 ID:sbh
>>314
どんな感じだったの?

326: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)23:02:52 ID:mST
>>318
自殺する場所指定してマジでそこで死んだやつがいた

330: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)23:04:33 ID:sbh
>>326
強烈だな、おい

321: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)23:00:12 ID:bZ3
>>314
俺はスイスフランかな
あとヤフーでモーモーミルクとかいうユーザーを2chの皆で専スレ立ててヲチしたり
現実の破産は怖いな

380: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)10:32:54 ID:RxA
怖くはないけど
幽霊だけど質問ある?
が好き

381: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)10:39:06 ID:gTO
>>380
IPアドレスがなかった奴だろ?
何人も調べて、このパソコン存在しない?!ってなった

389: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:34:02 ID:Q3B
>>381
あれフシアナのIPじゃなくて適当な文字列の羅列の可能性があるらしいよ

382: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)11:14:22 ID:MIG
ガチの幽霊がたまにいる2ちゃんマジで怖いわ